Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT東のひかり電話対応ルータに不具合 - 一部着信に支障

NTT東日本が提供しているひかり電話対応ルータの最新版ファームウェアに不具合が見つかった。特定の条件下で正常に着信できないことから、同社では解決方法をアナウンスしている。

今回発生した問題は、同社が提供するひかり電話対応ルータ「PR-200NE」「RV-230NE」の最新ファームウェア「バージョン2.00」の不具合によるもの。

同バージョンをインストールし、ナンバー・ディスプレイが未契約で電話機ポートのナンバー・ディスプレイ設定を「使用する」に設定している場合、不具合が発生し、一部正しく通話できずに切れてしまう場合がある。ナンバー・ディスプレイ設定は、初期設定で「使用する」となっているため、みずから設定していない場合も注意が必要だ。

同社では、同ファームウェアをインターネットを通じて5月28日に公開しており、すでに1万1024台が導入している。不具合が発覚し、29日に提供を中止したが、5月30日午前10時の時点で60件の問い合わせが寄せられている。

同社では、電話機ポートのナンバー・ディスプレイ設定を「使用しない」に変更すれば解消されるとして、ユーザーに対応を求めており、関係するユーザーに対し、個別に説明と謝罪を行う。また、再発防止のため、検証期間の延長など、検査体制の強化を目指すという。

NTT東日本
http://www.ntt-east.co.jp/

(Security NEXT - 2007/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新コロ感染者情報、職員個人メアド宛の送信でミス - 和歌山市
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
植物園サイトに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 藤沢市
Drupalにアップデート、ライブラリの脆弱性へ対処
防衛省、セキュ人材発掘を目的にオンラインCTFを開催
2021年のサイバー月間は「ラブライブ!」とコラボ - ツール公開やイベントを予定
NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - 奈良クラブ
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増