Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルス対策でもセカンドオピニオンを - 他ウイルス対策ソフトと共存する「Kaspersky SOS」

ジャストシステムは、ほかのウイルス対策ソフトと併用が可能な露Kaspersky Labs製ウイルス対策ソフト「Kaspersky SOS」を10月中旬より発売する。

ウイルス対策ソフトの場合、コンフリクトやインストールの制限などから複数のソフトを同時に利用することが難しいケースがあるが、同製品では他社製ウイルス対策ソフトと共存をコンセプトとして開発されたビジネス環境向けウイルス対策ソフト。

「SOS」は、「Second Opinion Solution」の略で、併用により第2の診断を提供。すでにウイルス対策ソフトを導入している企業などでセキュリティ対策の多重化を実現する。

(Security NEXT - 2007/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CSCとグローム、医療業界向けセキュリティサービスで提携
水道管調査サイトで一般利用者に管理者IDを誤発行 - 神戸市
米子会社にランサム攻撃、データ流出の可能性 - 小森コーポレーション
グローバル拠点のサイバーリスクを評価するサービス - 東京海上日動
小学校教員がフィッシング被害、クラウドにスマホ同期の業務画像 - 生駒市
過去の助成対象者情報含むファイルを研究者などへ送信 - 佛教大
脆弱性「FragAttacks」が判明 - ほぼすべてのWi-Fi機器に影響
イベント案内メール誤送信でメアド流出 - 中高生向けコミュニティ
顧客判断待たずに初動対応するSOCサービス - ログによるさかのぼり調査も
FFRI、先端技術分野の脅威分析やトレーニングなど新サービス