Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先元従業員のパソコンからWinny上へ業務情報が流出 - NTTラーニング

NTTラーニングシステムズは、委託先から業務上のメール13通が流出し、従業員の個人情報などが流出したと発表した。

業務委託先の元従業員が利用していた私用パソコンにウイルスが感染し、Winny経由してデータが流出したもので、4月26日に判明した。流出したデータには、同委託先やNTTラーニングシステムズ従業員の氏名や電話番号、企業名、メールアドレスなど16件の個人情報が含まれていたが、顧客情報は含まれていないという。

元従業員は、Winnyがインストールされたパソコンで業務を行っており、退社後もデータを削除していなかった。同委託先では、5月7日に日本情報処理開発協会に事故を報告。さらにNTTラーニングシステムズでも、プライバシーマークの認定事業者であることから日本情報処理開発協会に事故を報告している。

(Security NEXT - 2007/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、約8年ぶりにIT-BCPガイドラインを改訂 - 新型コロナ踏まえた内容も
MTAの「Exim」に21件の脆弱性 - 最新版へ更新を
2020年のネットバンク不正送金、被害額4割減 - 法人では増加
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
2009年以降のDell製端末のドライバに脆弱性 - アップデートが順次公開、未提供の場合も削除を
VR空間プラットフォーム「Hubs Cloud」に認証情報流出のおそれ
政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
鹿児島銀のネットバンク装うフィッシング攻撃 - 乱数表も詐取
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象