Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Share」利用はゴールデンウィーク最終日に頂点迎え15万超え

ネットエージェントは、ゴールデンウィークに検知したファイル交換ソフト「Share」のノード数を公表した。

Shareのノード数は、ゴールデンウィーク前半となる28日から30日までは14万前後、後半4連休では、13万から15万へ推移した。もっとも多かったのは最終日となる6日で15万を超えている。

同社では10日にWinnyの状況についても発表しているが、Winnyではゴールデンウィーク前半に利用が活発化しており、異なる傾向が現れている。

(Security NEXT - 2007/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII
Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市