Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

落札者と出品者のメールアドレス交換が不要に - Yahoo!オークション

ヤフーは、Yahoo!オークションで出品者と落札者がメールアドレスを知らせることなく品物の取引ができるツール「取引ナビ」の提供を開始した。近くメールアドレスの表示も中止する予定だという。

同ツールは、オークション終了後に出品者と落札者が取引の連絡を行うための、非公開の掲示板型ツール。商品詳細ページにある「取引ナビ」タブを選択し、発送先や支払方法、発送方法などを連絡し合う。従来はメールでやり取りしていたが、同ツールを利用することでお互いのメールアドレスを知らせずに取引を行うことができる。

相手がメッセージを投稿すると、同時に通知メールを送付。投稿内容は出品者と落札者のみが閲覧でき、第三者には非公開となっている。携帯電話からも投稿ができ、投稿通知メールも携帯電話で受け取ることができる。今後は取引連絡を同ツールに一本化し、メールアドレスについては近日中に表示されなくなるとしている。

(Security NEXT - 2007/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み
「OCカード」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生
「EC-CUBE」の無償診断サービスが緊急脆弱性に対応 - 痕跡調査も
ジオコードの企業サイトが改ざん被害 - 顧客情報流出は否定
配送伝票に他人の氏名、作業工程でデータにずれ - B.LEAGUE
「Citrix Workspace App」に権限昇格の脆弱性 - アップデートを公開
Adobe、13製品向けにセキュリティアップデートを公開
「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性
「Adobe Experience Manager」に6件の脆弱性 - 修正版が公開
eコマースプラットフォーム「Magento」にセキュリティアップデート