Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

監査機能強化や導入モデルを用意したアイデンティティ管理製品 - NTTソフト

NTTソフトウェアは、シングルサインオン認証システム「CSLGuard」とアカウント管理システム「ACTCenter」に機能を追加した新バージョンを7月に発売する。

最新バージョンでは、内部統制向けの機能を充実させ、監査ログ機能を強化。複数システムのアカウントを一元管理できるほか、アカウントの削除漏れなどを検知、自動削除する機能を搭載した。

また、「内部統制エントリーモデル」「内部統制統合モデル」「金融 特権アカウント管理モデル」「大学 サーバアカウント統合モデル」と4種類の「導入モデル」を用意したことで、コストを抑えた短期間の導入を実現できるという。

(Security NEXT - 2007/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

FFRI、先端技術分野の脅威分析やトレーニングなど新サービス
PCR検査依頼書を無関係の企業へメール誤送信 - 米子保健所
「WordPress 5.7.2」が公開 - 1件のセキュリティ修正
「PHPMailer」に深刻な脆弱性 - 過去修正済みの脆弱性が再発
羽生結弦カレンダー販売サイトへの不正アクセス、調査結果を公表
「Salesforce」で約5時間にわたり障害 - 原因は緊急修正の実施
約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験
MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み
「OCカード」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生
「EC-CUBE」の無償診断サービスが緊急脆弱性に対応 - 痕跡調査も