Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立ビルシステム、委託先社員が預かった顧客情報16件を誤送信

日立ビルシステムは、受託していた顧客情報16件を、委託先社員が誤って別の顧客に宛てて送信していたことを公表した。

誤送信されたのは、同社がパナホームから預かっていた顧客情報16件。業務委託先の社員が、別の契約顧客に宛てて送信していた。3月23日に判明し、誤送信されたデータについては、送信先においてすべて削除されたことを確認したという。

(Security NEXT - 2007/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

外出自粛期間、子どもの6割がアダルトコンテンツに遭遇
講習受講者情報がネット上で閲覧可能に - 電気工事技術講習センター
健康美容商品の卸売販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
「Cisco Application Services Engine」などに深刻な脆弱性
「Movable Type」にXSSの脆弱性 - アップデートが公開
PCや受験関係書類が研究室から盗難 - 東京藝大