Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ログ監視製品「SecureEagle/SIM」の連携機能を強化 - 日立電子サ

日立電子サービスは、他セキュリティソリューションとの連携を強化したログ分析製品「SecureEagle/SIM」を発売した。

同製品は、200種類以上のログをリアルタイムに分析、監視し、セキュリティインシデントを監視するセキュリティソリューション。作成されるレポートは監査の証明などに用いることができる。

今回の機能強化では、システム全体のリソースや業務の稼働情報を統合するコンソール「JP1/IM」との連携を実現。インシデント情報とシステム稼働状況などを照らし合わせて分析を行うことで、より詳細な原因調査を実現した。

また、「秘文MEシリーズ」や「Webvisor」との連携をサポート。「秘文MEシリーズ」との連携では、クライアント操作ログ分析に対応。「Webvisor」の監視カメラ画像、入退出の記録など物理的セキュリティも踏まえた監視を行うことが可能となった。

(Security NEXT - 2007/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

消費者の9割弱、商品サービス選択時に提供企業のプライバシー取組を考慮
個人情報開示時に他患者情報が混入 - 三重県の医療センター
セキュリティ関連の相談、前四半期比44.6%減
サイバー攻撃でデータ流出、暗号化被害など確認されず - クラレ
Oracle、定例パッチで脆弱性のべ419件に対処 - 対象製品の利用状況確認を
Androidアプリセキュアコーディングガイドの新版公開 - JSSEC
「TCP 6379番ポート」宛てのパケットが増加傾向 - JPCERT/CC観測
共用計算環境基盤「HPCI」のユーザー管理サーバに不正アクセス - 東大
「Surface Pro 3」にセキュアブート回避の脆弱性 - 他社機器も影響を受ける可能性
LINE問題でZHD特別委員会が最終報告書 - 「ユーザー目線での横と縦のガバナンス」を