Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京ガス、顧客情報51件記載の一覧表を紛失 - 置き引きの可能性

東京ガスは、3月26日にガス管の取替工事作業を委託しているあすか創建の作業員が作業中に顧客情報51件が記載された一覧表を紛失したと発表した。

紛失したのは「需要家一覧表」3枚、「工事設計図」2枚、および「道路使用許可書」など。このうち「需要家一覧表」には、工事実施の事前通知を行った顧客51件の氏名、住所、電話番号、メーター型番などが記載されていた。

夜間工事現場の歩道上に書類が入った鞄を置き、30メートルほど離れた場所で打ち合わせ実施。5分後に戻ったところ、すでに鞄が見あたらなくなっていたという。周辺を捜索したが見つからず、同日中に遺失物届を提出した。同社では、該当する顧客に対し個別に説明と謝罪をするとしている。

(Security NEXT - 2007/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クロスポイントとサイバーリーズン、EDRを活用したSOCサービス
アフターコロナ、テレワーク中心を望む声は約2割 - デル調査
学童保育所で個人情報含むメールを保護者に誤送信 - 八千代市
セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - 伊藤忠テクノ
サーバに不正アクセス、影響の範囲など調査 - 日環センター
Apple、「iOS 15」「iPadOS 15」をリリース - 脆弱性22件を修正
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
EC-CUBE用プラグイン「注文ステータス一括変更プラグイン」に脆弱性 - 利用中止を
セキュリティ啓発動画のコンテスト開催 - トレンド