Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トヨタファイナンスが発行した一部ETCカードにゲートが開かない不具合

トヨタファイナンスが発行するETCカードの一部に不具合があったことがわかった。

同社が発行するTS CUBICカードの「ETC専用カード」2242枚に問題があったもので、ETC車載機に挿入していても、ETCゲートでバーが開かないなど不具合が発生するという。

不具合の原因は、カードの作成を請け負った凸版印刷においてETCカードを発行する際、装置の誤動作が発生し、誤った情報が書き込まれていたためで、凸版印刷では複数の原因をもとにした偶発的なエラーとして現在詳細を調査しているとしている。

問題のカードは3月19日にトヨタファイナンスより送付されており、同社では該当する顧客へ電話で直接連絡を取り、問題あるETCカードの利用を控えるよう説明を行っている。また問題を改善したカードの発送準備を進めており3月30日までには発送する見込み。

一方、カードを発行する凸版印刷では、今回の事故を受け、エラーの検知やデータの整合性を検証するシステムを導入したという。

トヨタファイナンス
http://www.toyota-finance.co.jp/

(Security NEXT - 2007/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Tomcat」に情報漏洩のおそれ - 11月17日の更新で修正済み
政府行政ポータル「e-Gov」で個人情報が流出 - リニューアル後に複数不具合
特典発送で委託先が宛名シールを二重貼り、個人情報流出 - LINE
ランサム感染で顧客プログラム資産が流失した可能性 - システム開発会社
Xeroxの「DocuShare」に複数の脆弱性 - ホットフィクスをリリース
キャッシュレス決済連携でガイドライン - 全銀協
DNSサーバ「NSD」「Unbound」に脆弱性 - アップデートが公開
VMware製品の未修正脆弱性、パッチが公開に - CVSS値は下方修正
Synology製の複数製品に深刻な脆弱性 - 一部はパッチ未提供
eコマースシステム「EC-CUBE」に2件の脆弱性