Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファックス誤送信で顧客情報7件を流出 - 江戸川ケーブルテレビ

江戸川ケーブルテレビは、2月28日に同社が運営するコールセンターにおいて、顧客情報7件が記載された文書を誤って第三者へファックス送信したことを公表した。

誤送信が発生したのは、同社が運営する「メディアッティお客様センター」で、顧客からの問い合わせ内容が記載された文書を同社へFAX送信した際、誤って江戸川区在住の第三者宅へ送ってしまったという。文書には顧客7名の氏名、住所、電話番号、問い合わせ内容などが記載されていた。

受信者からの連絡で判明。ただちに直接訪問して謝罪するとともに、誤送信されたFAXを回収して送信データの削除を確認した。また、流出の対象となった顧客にも説明と謝罪をしたとしている。

(Security NEXT - 2007/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

職員採用試験合格通知メールを不合格者に誤送信 - 長野県
中小企業におけるセキュリティ対策の実態調査を実施 - IPA
「LIQUID eKYC」、「収入証明書」や「健康診断書」の撮影に対応
共同研究契約書を異なる企業へ誤送信 - 都立大
「Go」のWASMにバッファオーバーフローのおそれ
Apple、「macOS」や「iOS」の脆弱性を修正 - 詳細は近日公開
複数言語向けの「HTMサニタイザ」に脆弱性 - XSSのおそれ
サプライチェーンのセキュリティ評価サービス - NRIセキュア
法人向けエンドポイント製品にサービス拒否の脆弱性 - トレンド
タピオカ通販サイト、流出クレカ情報が不正利用された可能性