Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ワコム、サインの真偽を形状だけでなく「くせ」でも見抜く認証専用タブレットを開発

ワコムは、「サイン認証専用液晶ペンタブレット」のプロトタイプを開発したと発表した。国内や欧米、アジア向けのサンプル出荷を4月より開始する予定。

0703wt.jpg

反射式の5型TFT液晶ディスプレイと電子ペンを利用し、液晶画面上で署名を行えるソリューション。独SoftproやイスラエルのWonderNetなどの署名認証アプリケーションを利用しており、タブレットが署名の特徴をもとに認証を行う。署名の形状だけでなく、書き込みのリズムやスピードなどの「くせ」などを認証に利用しており、同社によれば偽造署名が難しく、「生体認証」と同等の認証が可能だという。

また、紙に近い書き心地になるよう工夫した。同社では同ソリューションへタイムスタンプやデータ暗号化といったセキュリティ強化などを予定しており、レジやPOSなどの利用企業へ提案していく計画だ。

(Security NEXT - 2007/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - 奈良クラブ
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
キャンペーン登録者の個人情報が閲覧できる状態に - カゴメ
従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII