Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学力調査結果の帳票1950件が行方不明に - 図書文化社

図書文化社は、同社が取り扱う学力調査の一部帳票の所在がわからなくなっていると公表した。

所在がわからなくなっているのは、同社が採点を受託している学力検査「教研式標準学力検査CRT」の帳票。同社の業務委託先から反そうされる際に紛失したもので、山梨や長野の小学校15校分、1950件が含まれる。帳票には学校名やクラス、氏名、テスト結果などが記載されていた。

同社では、紛失物の捜索や事故原因の究明を進めるとともに、関係者への謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2007/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

出光クレジットの会員サイトで情報流出の可能性 - 外部サービスが改ざん
「Google翻訳」悪用したフィッシングが横行 - 誘導先を正規ドメインに偽装
「Apache Hadoop」にコマンドインジェクションの脆弱性
サーバがランサム被害、情報流出の有無は判断つかず - 住和港運
VMware製IDアクセス管理製品の脆弱性を狙うあらたな悪用コードが公開
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正
MSが月例パッチを公開、脆弱性121件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
MS、約2年7カ月を経てゼロデイ脆弱性「Dogwalk」を修正 - すでに悪用も
漁協直売店で「Emotet」感染 - 通販サイトのメールが流出
「かながわ旅割」に参加する旅行業者宛のメールで誤送信 - 神奈川県