Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学力調査結果の帳票1950件が行方不明に - 図書文化社

図書文化社は、同社が取り扱う学力調査の一部帳票の所在がわからなくなっていると公表した。

所在がわからなくなっているのは、同社が採点を受託している学力検査「教研式標準学力検査CRT」の帳票。同社の業務委託先から反そうされる際に紛失したもので、山梨や長野の小学校15校分、1950件が含まれる。帳票には学校名やクラス、氏名、テスト結果などが記載されていた。

同社では、紛失物の捜索や事故原因の究明を進めるとともに、関係者への謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2007/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
EC-CUBE用プラグイン「注文ステータス一括変更プラグイン」に脆弱性 - 利用中止を
セキュリティ啓発動画のコンテスト開催 - トレンド
報道機関にコロナ陽性者資料を誤ファックス - 長野県
県立高オープンキャンパス申込者のメールアドレスが流出 - 奈良県
ふぐ料理店通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
CMSの「Drupal」に5件の脆弱性 - アップデートがリリース
「Apache Tomcat」にDoS攻撃受けるおそれ - 3月の更新で修正済み
アップデートでルータにセキュリティ機能を追加 - アライドテレシス
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス