Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報や業務情報がWinny経由で流出 - アステラス製薬子会社

アステラス製薬の子会社であるアステラスファーマケミカルズにおいて、業務情報がWinny経由で外部へ流出する事故が発生した。

ウイルスに感染した同従業員の私有パソコンから、インストールされていたWinnyを経由して情報が流出していたことが2月21日に判明。取引先企業関係者の個人情報194件や、同社従業員情報45件のほか、取引先企業の情報や同社の営業情報、技術情報が流出した。

2006年3月ごろにバックアップ目的で私有の外付けハードディスクへデータを保存。その後、Winnyがインストールされたパソコンへ接続した際に流出したという。同社では関係者へ個別に事情を説明、謝罪するという。

同社では、個人所有のハードディスクの利用などを禁止するなど、対策を進めていたという。同社では管理強化に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2007/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学校でメール誤送信、保護者のメアド流出 - つくばみらい市
サイト改ざんでクレカ情報流出の可能性 - スケートボード専門店
AWS向けFWマネージドサービスの国内展開を開始 - パロアルト
メール訓練のノウハウをまとめた手引書を公開 - NCA
学生の個人情報がネット上で閲覧可能に、委託事業者の不備で - 徳島大
マルウェア感染、9分後に遮断するも情報流出の疑い - 小学館集英社プロ
Apple、macOSやiOSのアップデートを公開 - ゼロデイ脆弱性2件を修正
入学選抜情報をクラウド上に保存、複数生徒がアクセス - 都立高校
記事執筆者の口座情報をメールで誤送信 - 日本ITU協会
「ICTサイバーセキュリティ総合対策2022」を公開 - 総務省