Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

振替口座情報約29万件含むメモリが盗難 - 日本郵政公社

日本郵政公社は、職員が埼玉県草加市内で車上荒らしに遭い、顧客の郵便振替口座情報約29万件が記録されたUSBメモリが盗まれたと発表した。その後千葉県内で拾得され、回収したという。

被害に遭ったメモリには、口座加入者の氏名、住所、口座番号、口座開設日などを含む郵便振替口座情報約29万件、およびカナ氏名や口座番号など通常貯金のデータ31件が記録されていた。

同社によれば、東京貯金事務センターの職員が1月31日に盗難に遭ったもので、職員は2月4日になって盗難物に同メモリが含まれていることに気付いたという。顧客データの持ち出しは禁止されており、発覚後も同職員はメモリの盗難について、職場に報告していなかったという。

その後21日に、千葉県内で拾得したとの連絡があり、直接訪問して回収した。同社では顧客情報の持ち出しを禁止する内部規定が守られていなかったとして、管理の強化に努めるとしている。

(Security NEXT - 2007/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
開示請求の照会文書を親会社へ誤送付 - 熊本労働局
オープンキャンパス申込者宛のメールで誤送信 - 静岡県立大
小学校で児童のPCR検査結果を複数保護者へ誤送信 - 守谷市
「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ