Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

振替口座情報約29万件含むメモリが盗難 - 日本郵政公社

日本郵政公社は、職員が埼玉県草加市内で車上荒らしに遭い、顧客の郵便振替口座情報約29万件が記録されたUSBメモリが盗まれたと発表した。その後千葉県内で拾得され、回収したという。

被害に遭ったメモリには、口座加入者の氏名、住所、口座番号、口座開設日などを含む郵便振替口座情報約29万件、およびカナ氏名や口座番号など通常貯金のデータ31件が記録されていた。

同社によれば、東京貯金事務センターの職員が1月31日に盗難に遭ったもので、職員は2月4日になって盗難物に同メモリが含まれていることに気付いたという。顧客データの持ち出しは禁止されており、発覚後も同職員はメモリの盗難について、職場に報告していなかったという。

その後21日に、千葉県内で拾得したとの連絡があり、直接訪問して回収した。同社では顧客情報の持ち出しを禁止する内部規定が守られていなかったとして、管理の強化に努めるとしている。

(Security NEXT - 2007/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
政府、脱「暗号化zipファイル」検討へ - 意見募集で最多支持
「JSAC 2021」はオンライン開催に - 参加登録の受付を開始
教諭が入試応募者データを紛失、無断で設定変更して複製 - 東京都
メール送信ミスで顧客メアド流出 - フード関連サービス事業者
「税金還付を受ける権利があります」 - 偽国税庁に注意
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便
「ポケットカード」装うフィッシングに注意