Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

振替口座情報約29万件含むメモリが盗難 - 日本郵政公社

日本郵政公社は、職員が埼玉県草加市内で車上荒らしに遭い、顧客の郵便振替口座情報約29万件が記録されたUSBメモリが盗まれたと発表した。その後千葉県内で拾得され、回収したという。

被害に遭ったメモリには、口座加入者の氏名、住所、口座番号、口座開設日などを含む郵便振替口座情報約29万件、およびカナ氏名や口座番号など通常貯金のデータ31件が記録されていた。

同社によれば、東京貯金事務センターの職員が1月31日に盗難に遭ったもので、職員は2月4日になって盗難物に同メモリが含まれていることに気付いたという。顧客データの持ち出しは禁止されており、発覚後も同職員はメモリの盗難について、職場に報告していなかったという。

その後21日に、千葉県内で拾得したとの連絡があり、直接訪問して回収した。同社では顧客情報の持ち出しを禁止する内部規定が守られていなかったとして、管理の強化に努めるとしている。

(Security NEXT - 2007/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数ペットフード販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
秘密計算技術で研究会、安全性基準など検討 - NECら
メール誤送信、就職イベント参加者のメアド流出 - 和歌山市
消費者庁が「サポート詐欺」に注意喚起 - MSロゴなど悪用
「Emotet」感染後の対応、「駆除」だけでは不十分
SonicWall、VPN製品向けに追加アップデート - すぐに更新を
「テレワークセキュリティガイドライン」に改定案 - パブコメ実施
「Salesforce」ベースの自治体向けサービスで設定不備 - 71団体が導入
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
「ノートン360」の上位製品に個人情報流出の通知機能