Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

26万件の個人情報含むATMジャーナルを紛失 - 伊予銀行

伊予銀行は、本店営業部をはじめとする49本支店において顧客情報を記載した書類を紛失したと発表した。

所在がわからなくなっているのは、顧客の氏名や取引銀行名、支店名、科目、口座番号、取引金額などを記載したロール状のATMジャーナル。26万2196件の個人情報が記載されていた。

同行が行内の調査を実施したところ判明したもので、内部調査により誤廃棄の可能性が高いと結論づけている。同行では、厳密な取り扱いやペーパーレス化など再発防止に取り組むという。

(Security NEXT - 2007/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

従業員が契約者のポイントを不正利用 - 日本生命
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
外出自粛期間、子どもの6割がアダルトコンテンツに遭遇
講習受講者情報がネット上で閲覧可能に - 電気工事技術講習センター
健康美容商品の卸売販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
「Cisco Application Services Engine」などに深刻な脆弱性