Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リサイクルPC取扱事業者に資格制度 - PCにラベル貼付し安全をアピール

中古情報機器協会は、中古パソコンなどの取扱事業者に対し、データの完全消去などを行っているか審査して、適切な対応をしている事業者を認定する「RITEA 認定中古情報機器取扱事業者」資格制度を開始した。

同制度は、中古パソコンを安全に取引するための基準を設定し、その基準を満たす事業者に対して認定資格を付与するもの。使用済みパソコンからの情報が流出するといった事故も多発しており、客観的に判断が行える基準を設定した。

認定資格は「買取(引取)」「再生工事(データ消去)」「販売」の3分野、33項目から構成されている。資格を取得した事業者は同協会のホームページ上に掲載されるほか、「再生工事(データ消去)」の資格を取得した事業者の販売する機器には、「RITEA 認定中古情報機器事業者ラベル」が貼られる。

また同協会では、使用済みパソコンからの情報流出防止に向けた「情報機器の売買・譲渡時におけるハードディスクのデータ消去に関するガイドライン」を策定した。

(Security NEXT - 2007/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
メール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 佐賀県
クラウド設定不備で個人情報に外部アクセス - イオン銀
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
複数病院の患者情報含むPCを紛失 - 千葉県
小売電気事業者向けにセキュ対策ガイドライン - 経産省
不正アクセスでデータ消去されるも情報流出の痕跡見つからず - 阪大
学内宿泊施設予約システムに不正アクセス、利用者情報が流出か - 阪大
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
複数ペットフード販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出