Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トリトン、EV SSLサーバ証明書を発売 - 特別価格の発売キャンペーンも実施

トリトンは、正規サイトの確認をブラウザで容易に確認できるCOMODO EV SSLサーバ証明書の販売を開始した。

EV SSL証明書は、新しいクラスのサーバ証明書で、IE 7.0などで同証明書を利用したウェブサイトへアクセスすると、アドレスバーがグリーンに変化し、サーバ証明書が利用されていることが視覚的に確認できる。

同社では、今回の発売を記念し、2月20日までキャンペーンを実施。「COMODO EV SSL 1年」を5万6000円、「同2年」を8万8000円、「COMODO EV SGC SSL 1年」を8万円、「同2年」を10万5000円の特別価格で提供する。

トリトン
http://toriton.biz/

(Security NEXT - 2007/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「サイバー防衛シンポ熱海2020」が開催 - チケット販売まもなく終了
委託先でランサム感染、市営住宅入居者情報が流出か - 旭川市
準備中だった「FileZen」のセキュリティアップデートがリリース
米政府、「Exchange Server」の脆弱性対応で緊急指令
航空会社向け顧客管理システムに不正アクセス - JALやANAにも影響
入試関連の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 立教大
「Exchange Server」への攻撃が拡大 - MSが侵害確認スクリプトを公開
「Exchange Server」へのゼロデイ攻撃、中国支援グループが関与か
ゴミ分別案内のチャットボット改ざん、不正サイトへ誘導 - 横浜市
小学校で児童の学齢簿などが所在不明 - 名古屋市