Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客向け案内状の内容物を誤り回収 - 日本郵政公社

日本郵政公社は、1月19日に東京都内の小石川郵便局において郵便物の誤送付が発生し、回収を実施したと発表した。

郵便貯金を利用する顧客に対し、調査票を送付したが、内容物と封筒の宛先が異なったものが150件発生し、氏名や住所といった個人情報が流出した。同社では、顧客に対して謝罪し、誤送付した書類を回収している。

(Security NEXT - 2007/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年2Qのフィッシング攻撃は35%減、国内ホストは32件 - RSA調査
不正アクセス事件に便乗するフィッシング - クレカ利用履歴の確認要請を偽装
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
MS、脆弱性「Zerologon」について再度注意喚起 - まずはパッチ適用を、対処FAQも更新
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
次世代セキュリティ製品の検知回避を狙う「Emotet」
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 11月3日に定例外アップデートを公開予定
国勢調査の「回答状況確認表」を紛失 - 世田谷区
メルアカに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - グッドライフカンパニー
端末36台が「Emotet」感染 - 三協フロンテア