Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中央労金、顧客情報記載の取引伝票を紛失 - 誤廃棄の可能性

中央労働金庫は、中野支店において顧客58名および37団体の口座情報などが記載された取引伝票の紛失が1月5日に明らかになったと発表した。

同庫によれば、所在がわからなくなっている同伝票には顧客58名の氏名、口座番号、取引金額、および37団体の名称、口座番号、取引金額など個人情報が記載されていた。同支店が伝票を点検したところ、2006年10月25日に扱った伝票の一部がなくなっていることに気が付いたという。

同庫では、同支店内で誤廃棄された可能性が高いと結論付けている。同金庫では該当する顧客に対し、個別に説明と謝罪をするなど対応を進めている。

(Security NEXT - 2007/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数問合の同時並行対応で添付ファイルを取り違え - 大阪市
先週注目された記事(2024年7月7日〜2024年7月13日)
委託先で書類封入ミス、一部資料に別人の個人情報 - 宇部市
市制施行70周年記念式典の申込フォームで設定ミス - 駒ヶ根市
東京海上Gの顧客情報が流出した可能性 - 損査業務には影響なし
「Exim」に脆弱性 - 拡張子による添付ファイルブロックを回避されるおそれ
地理空間データを活用する「GeoServer」の脆弱性攻撃に注意
ドメインやホスティングが停止すると不安煽るフィッシングに警戒を
高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校