Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中央労金、顧客情報記載の取引伝票を紛失 - 誤廃棄の可能性

中央労働金庫は、中野支店において顧客58名および37団体の口座情報などが記載された取引伝票の紛失が1月5日に明らかになったと発表した。

同庫によれば、所在がわからなくなっている同伝票には顧客58名の氏名、口座番号、取引金額、および37団体の名称、口座番号、取引金額など個人情報が記載されていた。同支店が伝票を点検したところ、2006年10月25日に扱った伝票の一部がなくなっていることに気が付いたという。

同庫では、同支店内で誤廃棄された可能性が高いと結論付けている。同金庫では該当する顧客に対し、個別に説明と謝罪をするなど対応を進めている。

(Security NEXT - 2007/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

偽通販サイトが出没、正規サイトから画像や文章を盗用
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
ハウスクリーニングのマッチングサイトに不正アクセス
日本シーサート協議会、オンラインカンファレンスを開催 - 未加盟でも参加可
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消