Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KLabと横河レンタ・リース、個人情報検出ツールのレンタル事業を展開

KLabと横河レンタ・リースは業務提携し、個人情報検出ツールのレンタル事業「P-Pointerレンタルサービス」を展開すると発表した。

両社は今回の提携により、横河レンタ・リースが提供するレンタルPCに、KLabの個人情報検出ツール「P-Pointer」の管理コンソールをプリインストールし、ライセンスを提供する。同サービスでは、「P-Pointer」を月単位で必要な期間のみ利用可能で、月額利用料は400円。サポートなども提供される。

同サービスを利用するには、ハードウェアをレンタルする必要があるほか、インストール費用、運送費など別途必要。また監査結果を収集するファイルサーバを利用者が用意するかレンタルする必要がある。

両社は、サービス開始を記念し、スタートアップキャンペーンを4月27日まで実施する。同サービスについて50以上のライセンスを契約した場合、P-Pointer管理コンソールのインストール費を無料とするほか、監査対象である企業内PCの監査ライセンスにくわえ、監査対象PCを利用する社員の私用PC向けライセンスを期間限定で提供する。

(Security NEXT - 2007/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フォーム権限の設定ミス、イベント参加者情報が閲覧可能に - 自動車技術会
サイバー攻撃で情報流出の可能性、サーバは復旧済み - フジ日本精糖子会社
先週注目された記事(2024年6月30日〜2024年7月6日)
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 6月のアップデートで修正
「Node.js」のセキュリティアップデート、再び延期に
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「MongoDB」向けGUIにコードインジェクションの脆弱性
「HTTP File Server」に深刻な脆弱性 - アップデートで修正
講演会応募者に対する通知メールで送信ミス - 所沢商工会議所