Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Winnyなどで入手した地図ソフトを販売した男性が逮捕 - 被害総額は1億円以上か

福岡県警と筑紫野署は、不正に入手した地図ソフトを無断で複製し、オークションサイトで販売していた宮崎県在住の29歳男性を、著作権法違反の疑いで逮捕した。

コンピュータソフトウェア著作権協会によると、逮捕された男性は、2006年9月下旬ごろから10月下旬ごろまでの間、ゼンリンの電子住宅地図ソフト「デジタウン」154製品を無断で複製し、オークションサイトを介して販売していたという。

警察の調べによれば、そもそも男性が販売していたソフト自体が海賊版で、ファイル交換ソフトのWinnyやLimewireにより入手したものだった。男性は、それらソフトウェアを複製した上で少なくとも245人に販売し、売上は約123万円を得ていたという。正規価格に換算すると1億円を超えるという。

コンピュータソフトウェア著作権協会
http://www2.accsjp.or.jp/

(Security NEXT - 2007/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

民生委員が高齢者名簿を紛失、10カ月以上前に - 行田市
先週注目された記事(2024年7月7日〜2024年7月13日)
侵害調査で個人情報の一部流出を確認 - 住友重機械工業
複数問合の同時並行対応で添付ファイルを取り違え - 大阪市
委託先で書類封入ミス、一部資料に別人の個人情報 - 宇部市
市制施行70周年記念式典の申込フォームで設定ミス - 駒ヶ根市
東京海上Gの顧客情報が流出した可能性 - 損査業務には影響なし
「Exim」に脆弱性 - 拡張子による添付ファイルブロックを回避されるおそれ
地理空間データを活用する「GeoServer」の脆弱性攻撃に注意
ドメインやホスティングが停止すると不安煽るフィッシングに警戒を