Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Winnyなどで入手した地図ソフトを販売した男性が逮捕 - 被害総額は1億円以上か

福岡県警と筑紫野署は、不正に入手した地図ソフトを無断で複製し、オークションサイトで販売していた宮崎県在住の29歳男性を、著作権法違反の疑いで逮捕した。

コンピュータソフトウェア著作権協会によると、逮捕された男性は、2006年9月下旬ごろから10月下旬ごろまでの間、ゼンリンの電子住宅地図ソフト「デジタウン」154製品を無断で複製し、オークションサイトを介して販売していたという。

警察の調べによれば、そもそも男性が販売していたソフト自体が海賊版で、ファイル交換ソフトのWinnyやLimewireにより入手したものだった。男性は、それらソフトウェアを複製した上で少なくとも245人に販売し、売上は約123万円を得ていたという。正規価格に換算すると1億円を超えるという。

コンピュータソフトウェア著作権協会
http://www2.accsjp.or.jp/

(Security NEXT - 2007/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性
WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性
受託研修事業の受講者メールアドレスが流出 - 中部大
なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に