Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

書類の不適切な処理を公表 - 東京社会保険事務局

東京社会保険事務局は、都内にある複数の社会保険事務所にける書類の紛失など、不適切な取り扱いについて公表した。

2006年4月から11月までに発生した5件。江東社会保険事務所では、事業所から被保険者の内容の変更依頼が未処理となっていたほか、7月には提出された算定基礎届が処理が未処理のまま所在がわからなくなったという。

また、10月には共同事務センターと渋谷社会保険事務所において1件の誤送付が発生。さらに北社会保険事務所では11月に領収書の紛失が発生したという。同月、上野社会保険事務所において督促状の期限を誤って設定し、送付した件についても公表した。

同局では判明後に処理を実施し、関係者に対して謝罪したという。同局では14日にも7月から11月にかけて発生した4件の処理ミスを公表したばかり。

 

(Security NEXT - 2007/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性
受託研修事業の受講者メールアドレスが流出 - 中部大
なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
最新脅威やコロナ時代のセキュ課題など50以上のセッション - パロアルトがカンファレンスイベント