Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「JAネットバンク」騙るスパム出回る - JAバンクが注意喚起

全農や農林中央金庫、長野県信連が運営するJAバンクは、まったく無関係にも関わらず、JAバンクと関係あるかのように装ったスパムメールが出回っているとして注意を呼びかけている。

問題のスパムメールは、「JAネットバンク」と名乗る消費者金融業者によるもの。スパムメールをクリックすると、一見関係あるかのように装ったウェブサイトが表示される。

農林中央金庫によれば、JAバンクと一切関係なく、記載されている貸金業登録番号は架空のものだという。個人情報などの詐取を目的としたフィッシング詐欺のおそれもあるとして注意を促している。

(Security NEXT - 2006/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ID管理製品「Atlassian Crowd」に深刻な脆弱性
コロナ発生届を誤送信、FAX番号登録ミスで - 菊川市立総合病院
オープンソースの検索エンジン「OpenSearch」に脆弱性
米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料
ファイル転送サービス「Kozutumi」を提供開始 - ハートビーツ
組織の決裁なしに公文書施行、職員を懲戒免職 - 群馬県
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
セキュ人材採用、日本は実務経験を重視 - キャリアパス提供は他国の半数以下