Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「JAネットバンク」騙るスパム出回る - JAバンクが注意喚起

全農や農林中央金庫、長野県信連が運営するJAバンクは、まったく無関係にも関わらず、JAバンクと関係あるかのように装ったスパムメールが出回っているとして注意を呼びかけている。

問題のスパムメールは、「JAネットバンク」と名乗る消費者金融業者によるもの。スパムメールをクリックすると、一見関係あるかのように装ったウェブサイトが表示される。

農林中央金庫によれば、JAバンクと一切関係なく、記載されている貸金業登録番号は架空のものだという。個人情報などの詐取を目的としたフィッシング詐欺のおそれもあるとして注意を促している。

(Security NEXT - 2006/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

給与支払報告書を紛失、税額決定通知書の未着から判明 - 練馬区
委託業者が個人情報含むメールを別人に送信 - 東急MD
「フィッシングサイト撲滅チャレンジカップ」を開催 - JC3
設定ミスでイベント申込者の個人情報が閲覧可能に - 東京都
「Apache HugeGraph」の深刻な脆弱性を狙うアクセスが増加
「Java SE」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
海外法人がランサム被害、出荷に影響はなし - アルプスアルパイン
Ivantiがアドバイザリを公開 - エンドポイント管理製品などに脆弱性
「Apache Airflow」に脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製メールセキュリティ製品に添付ファイルで攻撃できる深刻な脆弱性