Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「JAネットバンク」騙るスパム出回る - JAバンクが注意喚起

全農や農林中央金庫、長野県信連が運営するJAバンクは、まったく無関係にも関わらず、JAバンクと関係あるかのように装ったスパムメールが出回っているとして注意を呼びかけている。

問題のスパムメールは、「JAネットバンク」と名乗る消費者金融業者によるもの。スパムメールをクリックすると、一見関係あるかのように装ったウェブサイトが表示される。

農林中央金庫によれば、JAバンクと一切関係なく、記載されている貸金業登録番号は架空のものだという。個人情報などの詐取を目的としたフィッシング詐欺のおそれもあるとして注意を促している。

(Security NEXT - 2006/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ZohoのUEM製品に深刻な脆弱性、すでに悪用も - 侵害状況の確認を
4割強「コロナ禍でネットのトラブル増えた」
スイーツ通販サイトに不正アクセス、ゼロデイ脆弱性の発見から被害に気づく
ウェブサーバに脆弱性を突く不正アクセス - ロイヤルホームセンター
事件関係者の提出文書を紛失、審査に影響なし - 公取委
委託元に無関係の顧客情報を誤送信、非表示状態でファイル内に - 三菱UFJニコス
「Zoho ManageEngine ServiceDesk Plus」にあらたな脆弱性が判明
Zoomに複数脆弱性、クライアントやSDKなど広く影響
研究成果公表サイトが改ざん、サイトを停止 - 愛媛大
元従業員が顧客リストの窃盗容疑で逮捕 - 大和証券