Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三越、持ち出した顧客情報がひったくり被害に - 大部分は回収

三越は、高松店1階婦人服ショップの顧客情報181件を含む「お客さまカード」がひったくりにより強奪されたと発表した。

持ち去られたのは、同店1階婦人服「INDIVI/インディヴィ・ショップ」の「お客さまカード」。同ショップで商品を購入した顧客181名の氏名、住所、電話番号など個人情報が含まれる。従業員が自宅で整理業務を行うために持ち出したが、帰宅途中で引ったくりに遭ったという。

その後警察の捜査により、盗難の4日後に180名分が回収された。同社では、個人情報の社外持ち出しを禁止していたが守られていなかったとして、社内の情報管理体制を見直しを図るとしている。

(Security NEXT - 2006/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
専門学校生対象のコンテスト - テーマは「サイト運営会社向けセキュリティ教育」
「ドコモ口座」の不正チャージ、被害124件の補償を完了
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - 堺市
MS、定例外で2件のアップデートをリリース
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2025年日本国際博覧会協会に不正アクセス - フィッシングの踏み台に
「phpMyAdmin」に「SQLi」や「XSS」の脆弱性
AMDのオーバークロックソフトやグラフィックドライバに脆弱性
eコマースプラットフォーム「Magento」に複数の深刻な脆弱性