Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三越、持ち出した顧客情報がひったくり被害に - 大部分は回収

三越は、高松店1階婦人服ショップの顧客情報181件を含む「お客さまカード」がひったくりにより強奪されたと発表した。

持ち去られたのは、同店1階婦人服「INDIVI/インディヴィ・ショップ」の「お客さまカード」。同ショップで商品を購入した顧客181名の氏名、住所、電話番号など個人情報が含まれる。従業員が自宅で整理業務を行うために持ち出したが、帰宅途中で引ったくりに遭ったという。

その後警察の捜査により、盗難の4日後に180名分が回収された。同社では、個人情報の社外持ち出しを禁止していたが守られていなかったとして、社内の情報管理体制を見直しを図るとしている。

(Security NEXT - 2006/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SAP、5月の月例セキュリティパッチをリリース
JSSECとSIOTP、6月にオンラインフォーラムを開催
「Mirai」国内感染ホスト、約半数がロジテック製ルータ
2021年1Qにダークネットで1187億パケットを観測 - NICT
欧州5拠点で同時多発的なランサム被害 - 東芝テック
メガネブランド「Zoff」のインターメスティックがランサム被害
「PHPMailer」に深刻な脆弱性 - 過去修正済みの脆弱性が再発
パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
ファイル共有サービス「クリプト便」に「PCI DSS」対応オプション
CSCとグローム、医療業界向けセキュリティサービスで提携