Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

福岡ひびき信金、8支店で224件の顧客情報を紛失 - 点検で判明

福岡ひびき信用金庫は、顧客情報の管理状況を点検した結果、8支店で計224件の顧客情報が記載された書類の紛失が判明したと発表した。

所在が不明となっているのは、伝票類や振込み、照会などを行うための処理帳票など。顧客の氏名、口座番号、取引金額などが記載されていた。一部には、住所や電話番号、届印なども含まれる。顧客情報の管理状況を自主点検した結果判明。不要書類とともに誤って廃棄した可能性が高いとしている。

同金庫では、該当する顧客に対し書面を送付して、説明と謝罪をするとしている。

(Security NEXT - 2006/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Zoomに複数脆弱性、クライアントやSDKなど広く影響
研究成果公表サイトが改ざん、サイトを停止 - 愛媛大
元従業員が顧客リストの窃盗容疑で逮捕 - 大和証券
データ流出の可能性が判明、1年以上前から不審通信 - 沖電気
11月のフィッシング攻撃、「報告件数」「URL件数」ともに高水準
パナソニックのサーバにサイバー攻撃 - 6月以降複数回にわたり
入国者健康確認システムで不具合、他申請者からパスポートなど閲覧可能に
「Movable Type」ベースの「PowerCMS」にも深刻な脆弱性
ウェブメールクライアント「Roundcube」に深刻な脆弱性 - アップデートを強く推奨
「Zoho ManageEngine ServiceDesk Plus」に深刻な脆弱性 - APT攻撃の対象に