Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

車上荒らしでパソコン2台奪われ、1台は回収 - コーンズドッドウェル

電子機器などを扱うコーンズドッドウェルは、12月12日に栃木県小山市内で営業スタッフが車上荒らしに遭い、個人情報が保存されたパソコンを持ち去られたと発表した。

同社によれば、従業員が食事中に、レストラン駐車場に止めてあった車の窓ガラスが割られ、パソコン2台などを鞄ごと持ち去られたもの。パソコン内には、顧客の情報が入っており、氏名や会社名、所属、電話番号などが記録されていたが、アクセスには指紋認証とパスワードが必要であり、同社ではデータへのアクセスは困難と結論付けている。

同社では警察へ被害を届け、その後14日に1台については、茨城県内で回収された。

(Security NEXT - 2006/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

海外法人がランサム被害、出荷に影響はなし - アルプスアルパイン
「Apache HugeGraph」の深刻な脆弱性を狙うアクセスが増加
Ivantiがアドバイザリを公開 - エンドポイント管理製品などに脆弱性
「Apache Airflow」に脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製メールセキュリティ製品に添付ファイルで攻撃できる深刻な脆弱性
「Cisco SSM」に深刻な脆弱性 - 攻撃者によりパスワード変更可能
Atlassian、複数製品でのべ11件の脆弱性に対応
「NVIDIA CUDA Toolkit」に脆弱性 - サービス拒否のおそれ
美術館でメール誤送信、講座応募者のメアド流出 - 稲沢市
東京ガスや子会社で個人情報流出の可能性 - 約416万人分