Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

機密情報の通信を監視するゲートウェイを発売 - 富士ゼロックス

Code Green Networksのコンテンツセキュリティソリューション「Content Inspection Appliance 1500」を発売した。

国内の代理店である富士ゼロックスやマクニカネットワークスが販売を開始したもの。同製品は、ネットワークのゲートウェイとして動作し、通信されるデータのコンテンツを監視できる。

ウェブやメールなどのデータ送受信において、機密情報が含まれていないか確認し、ログの記録やアラートの発信、メールのブロックが可能。HTTPやFTPといったプロトコルについても、今後対応する予定。

データベースへの機密情報の登録は、コンテンツ登録エンジンにより、管理者による指定したファイルやファイルサーバからスケジュールによる自動登録に対応。70種類のデータフォーマットに対応している。

また、ファイル単位ではなく、ファイルから文字列を抽出してデータベースへ登録されるため、ファイル内の一部がやりとりする場合でも検出が可能。また、電話番号やクレジットカード番号などのデータは、あらかじめ個人情報としてあらかじめ定義し、フィルタリングできる。

(Security NEXT - 2006/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスで約57万件の迷惑メール送信 - 群大
個別の脅威調査に応じるチケット制サービス - カスペルスキー
2021年3Qの「JVN iPedia」登録数は3202件 - 3期連続で増加
マイナンバー含む給与支払報告書を誤送付 - 横浜市
個情委、自治体などのマイナンバー取扱状況を調査 - HDD廃棄や委託なども
「PHP 8.0.12」がリリース、権限昇格の脆弱性など修正
群馬県、特別児童扶養手当受給者名簿を誤送付 - 「PPAP」裏目に
個人用ESETに新バージョン - 上位Windows版にクラウドサンドボックス
検査の動画データなど含むバックアップ用HDDが所在不明 - 半田病院
2021年2Qの不正送金 - 件数大幅減となるも被害額は微増