Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

機密情報の通信を監視するゲートウェイを発売 - 富士ゼロックス

Code Green Networksのコンテンツセキュリティソリューション「Content Inspection Appliance 1500」を発売した。

国内の代理店である富士ゼロックスやマクニカネットワークスが販売を開始したもの。同製品は、ネットワークのゲートウェイとして動作し、通信されるデータのコンテンツを監視できる。

ウェブやメールなどのデータ送受信において、機密情報が含まれていないか確認し、ログの記録やアラートの発信、メールのブロックが可能。HTTPやFTPといったプロトコルについても、今後対応する予定。

データベースへの機密情報の登録は、コンテンツ登録エンジンにより、管理者による指定したファイルやファイルサーバからスケジュールによる自動登録に対応。70種類のデータフォーマットに対応している。

また、ファイル単位ではなく、ファイルから文字列を抽出してデータベースへ登録されるため、ファイル内の一部がやりとりする場合でも検出が可能。また、電話番号やクレジットカード番号などのデータは、あらかじめ個人情報としてあらかじめ定義し、フィルタリングできる。

(Security NEXT - 2006/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

親族名乗る第三者に恩給受給者の住所を漏洩 - 総務省
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
テンプレメールのBCCに無関係メアド、顧客情報が流出 - ルクールプラス
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
モバイルマーケ情報サイトが改ざん - 意図しない記事投稿やカテゴリ追加
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性