Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

機密情報の通信を監視するゲートウェイを発売 - 富士ゼロックス

Code Green Networksのコンテンツセキュリティソリューション「Content Inspection Appliance 1500」を発売した。

国内の代理店である富士ゼロックスやマクニカネットワークスが販売を開始したもの。同製品は、ネットワークのゲートウェイとして動作し、通信されるデータのコンテンツを監視できる。

ウェブやメールなどのデータ送受信において、機密情報が含まれていないか確認し、ログの記録やアラートの発信、メールのブロックが可能。HTTPやFTPといったプロトコルについても、今後対応する予定。

データベースへの機密情報の登録は、コンテンツ登録エンジンにより、管理者による指定したファイルやファイルサーバからスケジュールによる自動登録に対応。70種類のデータフォーマットに対応している。

また、ファイル単位ではなく、ファイルから文字列を抽出してデータベースへ登録されるため、ファイル内の一部がやりとりする場合でも検出が可能。また、電話番号やクレジットカード番号などのデータは、あらかじめ個人情報としてあらかじめ定義し、フィルタリングできる。

(Security NEXT - 2006/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

都立高で生徒情報含むファイルを紛失 - 生徒間に画像が拡散し判明
電子版会員の個人情報がウェブから閲覧可能に - 熊本日日新聞
がん検診受診予定者の個人情報をメール誤送信 - 浦河町
検証機能にバグ、ファイルの問題を検知できず展開 - CrowdStrike
米親会社委託先にサイバー攻撃 - 希少疾患の製薬会社
未使用でも影響、7月修正の「IEゼロデイ脆弱性」 - 遅くとも5月に悪用
2Qはインシデントが約8.5%増 - フィッシングが増加
アカウント管理システムに侵害の痕跡、個人情報が流出 - 伊藤忠丸紅鉄鋼子会社
Dockerエンジンの認証プラグインに脆弱性 - CVSSは最高値だが悪用可能性は低
「BIND 9」にアップデート - DoS脆弱性4件を修正