Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、業務効率低下の原因となる「ゲーム」の制限機能を提供

ソフォスは、「Sophos Anti-Virus + Application Control」のアプリケーションコントロール機能を強化し、ゲーム利用について管理する機能を1月より提供する。

アプリケーションコントロール機能では、P2PやVoIP、インスタントメッセンジャーといったアプリケーションの管理を実現していたが、あらたにゲームへ対応。提供開始当初は、15社のゲームについて、インストールたプレイを管理、阻止することが可能となった。

同社では本機能により、業務時間内にゲームをするといった業務効率の低下などを防ぐことができるとしている。

同社が9月に実施した調査では、回答者の9割強がゲーム対策機能の追加を望んでおり、ゲームについて重大な問題があるとの回答も6割を越えたという。

(Security NEXT - 2006/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

東京ガスや子会社で個人情報流出の可能性 - 約416万人分
問合フォームの入力情報が外部流出の可能性 - オリジン東秀
「JSAC2025」は2025年1月に都内で開催 - CFPを開始
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性386件に対応
サイトが改ざん被害、情報流出は否定 - 秋田県立医療療育センター
「WooCommerce」向けフィルタプラグインに脆弱性
食肉通販サイトが不正アクセス被害 - 顧客情報を外部送信
実証実験サービスのサーバに攻撃、一部従業員情報が流出 - リクルート
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
CTFイベント「SECCON 13」、今秋に予選 - 決勝は2025年3月