Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

負荷の調整が可能になった「SSDB監査 Ver.1.1」 - システムエグゼ

システムエグゼは、Microsoft SQL Server向けデータベース監査ソフト「SSDB監査 Ver.1.1」を発売した。

同製品は、データベースへの操作履歴を記録する製品で、Microsoft SQL Serverのトレース機能を活用し、アクセス情報を収集、監査業務に必要な集計、分析機能を提供する。

標準監査に必要な操作履歴を記録するための設定などを効果的に設定できる「標準テンプレート」を用意。設定もGUIより行うことが可能。最新版となる同Ver.1.1では、監査用ログの出力がデータベースサーバの負荷にならないよう調整する機能を追加した。

また今回のバージョンより、従来のソフトウェアライセンスの販売だけでなく、設定やインストールが不要なアプライアンスサーバ「SSDB監査Express サーバ」を提供。月額8万円から利用できるレンタルも行う。

(Security NEXT - 2006/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「NVIDIA CUDA Toolkit」に脆弱性 - サービス拒否のおそれ
美術館でメール誤送信、講座応募者のメアド流出 - 稲沢市
東京ガスや子会社で個人情報流出の可能性 - 約416万人分
問合フォームの入力情報が外部流出の可能性 - オリジン東秀
「JSAC2025」は2025年1月に都内で開催 - CFPを開始
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性386件に対応
サイトが改ざん被害、情報流出は否定 - 秋田県立医療療育センター
「WooCommerce」向けフィルタプラグインに脆弱性
食肉通販サイトが不正アクセス被害 - 顧客情報を外部送信
実証実験サービスのサーバに攻撃、一部従業員情報が流出 - リクルート