Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

負荷の調整が可能になった「SSDB監査 Ver.1.1」 - システムエグゼ

システムエグゼは、Microsoft SQL Server向けデータベース監査ソフト「SSDB監査 Ver.1.1」を発売した。

同製品は、データベースへの操作履歴を記録する製品で、Microsoft SQL Serverのトレース機能を活用し、アクセス情報を収集、監査業務に必要な集計、分析機能を提供する。

標準監査に必要な操作履歴を記録するための設定などを効果的に設定できる「標準テンプレート」を用意。設定もGUIより行うことが可能。最新版となる同Ver.1.1では、監査用ログの出力がデータベースサーバの負荷にならないよう調整する機能を追加した。

また今回のバージョンより、従来のソフトウェアライセンスの販売だけでなく、設定やインストールが不要なアプライアンスサーバ「SSDB監査Express サーバ」を提供。月額8万円から利用できるレンタルも行う。

(Security NEXT - 2006/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「PHPMailer」に深刻な脆弱性 - 過去修正済みの脆弱性が再発
パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
ファイル共有サービス「クリプト便」に「PCI DSS」対応オプション
CSCとグローム、医療業界向けセキュリティサービスで提携
水道管調査サイトで一般利用者に管理者IDを誤発行 - 神戸市
米子会社にランサム攻撃、データ流出の可能性 - 小森コーポレーション
グローバル拠点のサイバーリスクを評価するサービス - 東京海上日動
小学校教員がフィッシング被害、クラウドにスマホ同期の業務画像 - 生駒市
過去の助成対象者情報含むファイルを研究者などへ送信 - 佛教大
脆弱性「FragAttacks」が判明 - ほぼすべてのWi-Fi機器に影響