Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

負荷の調整が可能になった「SSDB監査 Ver.1.1」 - システムエグゼ

システムエグゼは、Microsoft SQL Server向けデータベース監査ソフト「SSDB監査 Ver.1.1」を発売した。

同製品は、データベースへの操作履歴を記録する製品で、Microsoft SQL Serverのトレース機能を活用し、アクセス情報を収集、監査業務に必要な集計、分析機能を提供する。

標準監査に必要な操作履歴を記録するための設定などを効果的に設定できる「標準テンプレート」を用意。設定もGUIより行うことが可能。最新版となる同Ver.1.1では、監査用ログの出力がデータベースサーバの負荷にならないよう調整する機能を追加した。

また今回のバージョンより、従来のソフトウェアライセンスの販売だけでなく、設定やインストールが不要なアプライアンスサーバ「SSDB監査Express サーバ」を提供。月額8万円から利用できるレンタルも行う。

(Security NEXT - 2006/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む国勢調査関係書類を紛失 - 堺市
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
郵便物差出票に個人情報含む用紙を再利用 - 大阪市
セキュリティ情報分析基盤「CURE」、自然言語による情報の関連付けにも対応 - NICT
協力会社で「Emotet」感染か、なりすましメール出回る - 大多喜ガス
不正アクセスで不正出金、アカウント情報の流出は否定 - GMOクリック証券
外部から不正侵入の痕跡、詳細は調査中 - 原子力規制委員会
監視ツール「Nagios XI」に複数脆弱性、アップデートを - PoC公開済み
親族名乗る第三者に恩給受給者の住所を漏洩 - 総務省
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件