Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

住基ネット控訴審、石川では住民逆転敗訴

石川県内の住民が、プライバシー権を侵害するとして住民基本台帳ネットワークからのデータ削除などを求めた裁判の控訴審判決が名古屋高裁金沢支部において11日に言い渡された。

一審の金沢地方裁の判決は2005年5月に出ているが、住民基本台帳ネットワークに記録されるデータについて自己情報コントロール権の対象となり、違憲として一部原告の主張をみとめ、住基ネットからの削除を命じていた。

今回恩控訴審では、一転して住民の主張を棄却。不当に利用する場合については自己情報コントロール権を行使できるものの、利用に問題や危険はなく、公共の福祉の面からも合憲と判断した。

(Security NEXT - 2006/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

民生委員が高齢者名簿を紛失、10カ月以上前に - 行田市
先週注目された記事(2024年7月7日〜2024年7月13日)
侵害調査で個人情報の一部流出を確認 - 住友重機械工業
複数問合の同時並行対応で添付ファイルを取り違え - 大阪市
委託先で書類封入ミス、一部資料に別人の個人情報 - 宇部市
市制施行70周年記念式典の申込フォームで設定ミス - 駒ヶ根市
東京海上Gの顧客情報が流出した可能性 - 損査業務には影響なし
「Exim」に脆弱性 - 拡張子による添付ファイルブロックを回避されるおそれ
地理空間データを活用する「GeoServer」の脆弱性攻撃に注意
ドメインやホスティングが停止すると不安煽るフィッシングに警戒を