Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

交換機の設定ミスで一部過大請求が発生 - NTTドコモ

NTTドコモは、一部利用料に誤請求が発生していたとして、料金の返還を行うと発表した。

交換機の一部に設定ミスがあったため、東京都下の市町村部や山梨県、栃木県と東京23区間で同社端末を利用した場合や、関東甲信越以外の地域と東京23区との間で行われた場合、東京23区から同社携帯電話の留守番電話へ接続した場合などの一部において料金を誤って多く請求した可能性があるという。発生時期は2006年9月5日から2006年10月5日まで。

同社では、申し出があった顧客に対して利用状況を確認し、料金を返還するとしており、影響を受けた可能性がある場合、連絡してほしいとアナウンスしている。

一部交換機の設定誤りに伴う通信料の返還について
http://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/page/061205_00.html

NTTドコモ
http://www.nttdocomo.co.jp/

(Security NEXT - 2006/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Atlassian、複数製品でのべ11件の脆弱性に対応
「NVIDIA CUDA Toolkit」に脆弱性 - サービス拒否のおそれ
美術館でメール誤送信、講座応募者のメアド流出 - 稲沢市
東京ガスや子会社で個人情報流出の可能性 - 約416万人分
問合フォームの入力情報が外部流出の可能性 - オリジン東秀
「JSAC2025」は2025年1月に都内で開催 - CFPを開始
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性386件に対応
サイトが改ざん被害、情報流出は否定 - 秋田県立医療療育センター
「WooCommerce」向けフィルタプラグインに脆弱性
食肉通販サイトが不正アクセス被害 - 顧客情報を外部送信