Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PDFの閲覧制限などを設定できる複合機向けプラグイン - ハイパーギア

ハイパーギアは、制限を設けたPDFを作成できる富士ゼロックス「ApeosWare Flow Service」向けプラグインを発売する。

「HG/PscanPro for ApeosWare FlowService 4.1」は、暗号化や閲覧期間の制限、指定サーバ以外にあるファイルの閲覧禁止などを設定したPDFファイルを作成できるソフトウェア。「ApeosWare Flow Service」のプラグインとして動作し、画像をスキャンするだけで制限を設けたPDFを作成することができる。

また、QRコードの認識機能を搭載しており、スキャンやファックス受信時に、ファイル名やフォルダ名を設定し、自動で振り分ける機能を搭載している。

(Security NEXT - 2006/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ラベルプリンタ「テプラ」の一部製品に脆弱性 - Wi-Fiの認証情報が漏洩するおそれ
管理機能を強化した個人情報検出ソフト「すみずみ君Advance」
「H2DB」にRCE脆弱性 - 「Log4Shell」と同じく「JNDI」に起因
SAP、月例アドバイザリを公開 - 多数製品で「Log4Shell」に対応
クラウド環境への移行を支援するアドバイザリサービス - イエラエ
「金融犯罪対策コンサルティングサービス」を提供 - ラック
今春に詐欺SMS対策機能を追加、機械学習による判別も - ソフトバンク
ドコモ、スミッシングを拒否設定 - 申込不要で自動設定
HDD紛失を公表、顧客情報が含まれる可能性 - 北海道ガス
預かった保管文書が箱ごと所在不明に - 丸和運輸機関子会社