Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コマンドラインからスキャン、柔軟性が高いLinux対応ウイルスソフト

ソフトエイジェンシーは、ルーマニアのSOFTWIN製アンチウイルスソフト「ビットディフェンダー・アンチウイルススキャナ for Unices」を発売した。

同製品は、LinuxやFreeBSD向けに開発されたアンチウイルスソフト。ユーザーがコマンドラインにより実行させることでウイルススキャンを実行できるため、スケジュールによるスキャンはもちろん、他のプログラムなどと組み合わせて利用することもできる。

価格は、利用ユーザー数により変化し、1から10人までの場合、3万315円。また、商用利用ではない個人は、無償で利用できる。

(Security NEXT - 2006/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

テンプレメールのBCCに無関係メアド、顧客情報が流出 - ルクールプラス
モバイルマーケ情報サイトが改ざん - 意図しない記事投稿やカテゴリ追加
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性
WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性
受託研修事業の受講者メールアドレスが流出 - 中部大
なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー