Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コマンドラインからスキャン、柔軟性が高いLinux対応ウイルスソフト

ソフトエイジェンシーは、ルーマニアのSOFTWIN製アンチウイルスソフト「ビットディフェンダー・アンチウイルススキャナ for Unices」を発売した。

同製品は、LinuxやFreeBSD向けに開発されたアンチウイルスソフト。ユーザーがコマンドラインにより実行させることでウイルススキャンを実行できるため、スケジュールによるスキャンはもちろん、他のプログラムなどと組み合わせて利用することもできる。

価格は、利用ユーザー数により変化し、1から10人までの場合、3万315円。また、商用利用ではない個人は、無償で利用できる。

(Security NEXT - 2006/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
特権アクセス管理製品「Symantec PAM」に複数脆弱性 - 「クリティカル」も
イベント申込フォームで設定不備、個人情報が閲覧可能に - 多摩SDC
2024年2Qの「JVN iPedia」登録は1463件 - NVDの公開遅延が影響
JPCERT/CCが感謝状 - 脆弱性悪用対応の「重要な模範事例」
WPプラグイン「WooCommerce Social Login」に複数の脆弱性
「Apache CloudStack」でSAML認証をバイパスされるおそれ
「サポート詐欺」の相談が3割増 - 過去最多を更新
省庁や独法などの攻撃対象領域保護を実施 - NISC
冊子発送先の個人情報を郵便局へ誤送付 - CCNC