Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Exchange ServerやOffice SharePoint Server向けセキュリティ製品が登場

マイクロソフトは、「Microsoft Forefront Security for Exchange Server」日本語版および「Microsoft Forefront Security for SharePoint」日本語版を12月1日に発売する。

FSEとFSSは、それぞれMicrosoft Exchange Server 2007およびMicrosoft Office SharePoint Server 2007向けのセキュリティ対策製品。複数のウイルス対策ソフトを同時に管理できるマルチスキャンエンジンを搭載しており、ウイルスやスパイウェア、不正ソフトウェアなどからサーバを保護し、感染拡大などを防止する。

ウイルスメール防止機能をはじめ、不適切なコンテンツや機密情報などをブロックする機能を搭載。FSEには、スパムメールの受信を防止する機能を装備している。

いずれも、多数サーバがある場合もテンプレートによるポリシーの設定が可能。ファイルフィルタやコンテンツフィルタ用のフィルタも作成できる。そのほかActive Directory、グループ ポリシー、Microsoft Updateサービスとの連携を実現している。

さらに同社では、マルウェア対策製品「Microsoft Forefront Client Security」日本語版のベータ版を12月13日より公開する予定。

(Security NEXT - 2006/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「OpenVPN」に「OVPNX脆弱性」 - 3月の更新で修正済み
CrowdStrikeによる障害、約850万台に影響 - あらたな復旧方法も準備中
「CrowdStrike」装う「フィッシング」や「偽修復ツール」に警戒を
先週注目された記事(2024年7月14日〜2024年7月20日)
あらたな脅威へ対応する設定ファイルが原因に - CrowdStrike障害
Windows端末の障害問題に便乗するサイバー攻撃が発生中
CrowdStrike、Windows環境での不具合で声明 - 復旧方法も紹介
一部Window端末が正常に起動できず - CrowdStrikeが不具合認める
システムの仕様を知らずメール誤送信が発生 - 東京都福祉保健財団
市教委で特別支援教育就学奨励費対象児童の一部名簿を紛失 - 湖西市