Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

YouTubeアクセス制御機能付きIPS - 「NetKeeperシリーズ」に新機能

ネットワークバリューコンポネンツは、同社が販売する不正侵入防止システム「NetKeeperシリーズ」に、YouTubeへのアクセス制御機能を追加した。

同製品は、BroadWebが開発した不正侵入防止システム。今回、YouTubeへのトラフィックを規制するアクセス制御機能が追加された。

YouTubeのサイトへのアクセスを防御する機能と、サイト上にアップロードされている動画データや音楽データなどをダウンロードしながら再生するオンラインストリーミングを防御する機能が提供され、ユーザーは、無償で同機能を利用できる。

(Security NEXT - 2006/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache CloudStack」でSAML認証をバイパスされるおそれ
省庁や独法などの攻撃対象領域保護を実施 - NISC
冊子発送先の個人情報を郵便局へ誤送付 - CCNC
2Qの脆弱性届け出は112件 - 前四半期から半減
高校生向けセミナーの申込フォームで設定ミス - 岩手県立大
6月のフィッシング、URL件数が過去最多を更新
障害はWindows端末の1%未満、重要サービスでの利用多く影響拡大
「OpenVPN」に「OVPNX脆弱性」 - 3月の更新で修正済み
CrowdStrikeによる障害、約850万台に影響 - あらたな復旧方法も準備中
「CrowdStrike」装う「フィッシング」や「偽修復ツール」に警戒を