Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「緊急」は5件、MSが11月のセキュリティパッチを公開

マイクロソフトは、11月度のセキュリティパッチを公開した。深刻度は「緊急」が5件、「重要」が1件となっている。

今回、「緊急」とされた5件はすべてWindowsに影響のあるもので、Internet ExplorerやMicrosoft Agent、Microsoft XML コアサービス、Workstation サービスの脆弱性など。

また、AdobeのMacromedia Flash Playerに存在する脆弱性を解決するパッチも公開された。いずれも悪意ある第三者より攻撃を受けた場合、リモートでコードが実行されるおそれがある。

更新プログラムは、マイクロソフトダウンロードセンターのほか、Microsoft Updateなどからダウンロードすることができる。同社では早急な適用を求めている。

(Security NEXT - 2006/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

標的型攻撃のレスキュー支援、2020年上半期は45件
「Docker API」狙う攻撃に注意 - 9月ごろより増加
非公開情報をメールに添付して誤送信 - 総務省
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
前月比1.5倍のDDoS攻撃を観測 - IIJ
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
デバイス紛失にサポートする「ビジネス端末レスキュー」 - NTTドコモ
名刺交換機能に不具合、名刺情報が流出 - 東京ビッグサイト
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響