Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルスバスターコーポレートエディションに不具合 - セキュリティパッチが公開

トレンドマイクロは、ウイルスバスター コーポレートエディション 6.x向けのセキュリティパッチを公開した。

同製品において、初期化を行う際にシステム時刻が1996年から2037年までの間に設定されていないと初期化が行えない不具合が発生するもの。不具合が発生したら、初期化が途中で中止され、その情報がレジストリに保存されるため、その後リアルタイム検索が実施できなくなる。

今回同社が提供するセキュリティパッチを適用することで、問題が解決するとしている。

トレンドマイクロ
http://www.trendmicro.co.jp/

(Security NEXT - 2006/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

雑貨通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面でクレカ情報の窃取被害
脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE
【不正チャージ問題】金融機関口座の取引履歴、「合算」表示に注意を
カスタマイズ可能なフィッシングの模擬演習サービス- エフセキュア
クリック時にクイズで教育するフィッシングトレーニング - 仏Vade
「ドコモ口座」経由の不正チャージ、被害申告が200件超に
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀
Windows向けの旧版「ウイルスバスタークラウド」に複数脆弱性
なりすまし不正口座開設、写真なし証明書を悪用 - 筆跡が酷似