Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

システム管理者の操作を記録、監査するシステム - PFU

PFUは、システム管理者によるサーバへのアクセスや操作内容を記録し、監査する「PFU アクセス制御・監査システム」を12月より出荷開始する。

同システムは、アクセス監査ソフトウェア「iNetSec Access Audit V1.0」とネットワーク認証機器「トップレイヤーネットワークス社 Secure Controller」を連携させることにより、システム管理者のサーバアクセスや操作を記録、監査して内部統制強化を支援するもの。

時間、利用者、操作内容など自動で記録。セキュリティポリシーに基づいて監査項目を独自に設定でき、自動でシステム監査が行われる。問題のあるアクセスや操作があった場合、違反内容が自動で抽出されるため、監査の労力が軽減できる。

また、サーバへのネットワーク上に追加できるため、既存のサーバや端末にソフトなどを導入せず利用できる。製品価格は367万5000円から。運用サービスは個別見積もりとなっている。

(Security NEXT - 2006/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
建築家向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
「ウイルスバスター for Mac」旧版に複数脆弱性
メルマガシステムに不正アクセス、顧客情報が流出 - 福岡のカレー店
Google、「Chrome 87」で33件のセキュリティに関する修正を実施
新型コロナ陽性者2515人の関連情報を誤掲載 - 川崎市
Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応
「LINEスタンプ」クリエイターの個人情報が流出 - 設定ミスで
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加