Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ひかり電話対応ルータに不具合、NTT東西がソフトをバージョンアップ

NTT東西は、ひかり電話対応ルータ「RT-200KI」のソフトウェアに不具合があったとしてバージョンアップを提供している。

8月31日から提供を行っていたソフトウェアにプログラムミスがあり、メッセンジャーなどを利用した場合、特定の条件においてインターネットへの接続やひかり電話に不具合が発生する。問題児も本体ランプは「正常動作」を示すという。

同ソフトウェアが適用された台数は、最大12万2828台で、NTT東西合わせて823件の問い合わせが寄せられていたという。両社は、問題を改善したソフトウェアの提供を11月2日から開始。両社はダイレクトメールなどにより、事情を説明する謝罪状を送付するとしている。

ダウンロードページ(NTT東日本)
http://www.ntt-east.co.jp/ced/support/version/

ダウンロードページ(NTT西日本リンク)
http://www.ntt-west.co.jp/kiki/download/

NTT東日本
http://www.ntt-east.co.jp/

NTT西日本リンク
http://www.ntt-west.co.jp/

(Security NEXT - 2006/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
建築家向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
「ウイルスバスター for Mac」旧版に複数脆弱性
メルマガシステムに不正アクセス、顧客情報が流出 - 福岡のカレー店
Google、「Chrome 87」で33件のセキュリティに関する修正を実施
新型コロナ陽性者2515人の関連情報を誤掲載 - 川崎市
Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応
「LINEスタンプ」クリエイターの個人情報が流出 - 設定ミスで
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加