Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クライアントPCの操作画面記録やアプリ制御を実現「Supervision」 - トゥ・ステップ

トゥ・ステップは、クライアントPCの動作制御や監視が行えるセキュリティソリューション「Supervision」を発売する。

同製品は、クライアントPCの画像を一定間隔で録画することにより監視を行えるセキュリティソリューション。アプリケーションを起動やウェブの閲覧、外部メモリ、ネットワークの制御が可能、アプリケーションやウェブの機能については管理者にアラートを出すこともできる。

メールについては、送受信記録や指定した語句や添付ファイルといった条件による通知を行うことが可能。ノートPCは、ネットワークと接続されていない間の操作を記録し、ネットワークへ接続した際にログをサーバへ保存する。

価格は、120万円(クライアント50ライセンス、サーバ1ライセンス、マネージャ1ライセンス)。

(Security NEXT - 2006/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ちばシティポイント」参加者のアカウント情報などが外部流出の可能性 - 千葉市
SAP、月例パッチ13件をリリース - 重要度がもっとも高い「HotNews」は2件
SIEMによる従業員の異常行動分析を支援 - ALSI
講演案内メールでメアド流出、7回送信 - 照明学会
富士通とトレンド、コネクテッドカーのセキュリティ対策で協業
北海道銀、副業で従業員2名を懲戒解雇 - 顧客情報の不正利用は否定
Adobe、複数製品にセキュリティ更新 - CVSS基本値「9.8」の脆弱性も
VMware、「vRO」など複数製品の脆弱性を修正
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 修正パッチが公開
MS、10月の月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ脆弱性1件含む74件を解消