Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

静岡労金、本人確認書類顧客約640名分を紛失

静岡県労働金庫は、顧客約640名分の本人確認書類の紛失が、点検作業中に判明したと発表した。

所在が不明となっているのは、2001年4月1日から2003年1月5日の間に取り扱った「本人確認書」。3店舗で受け付けた約640名分の氏名、住所が記載されている。書類の保存場所を変更する際に行った点検作業中に紛失が判明。不正に持ち出された形跡がないとして、誤って廃棄した可能性が高いとしている。

同金庫では、問い合わせ窓口を設置して対応するとともに、再発防止に向けた管理体制の見直しを行うとしている。

(Security NEXT - 2006/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

問合フォームの入力情報が外部流出の可能性 - オリジン東秀
「JSAC2025」は2025年1月に都内で開催 - CFPを開始
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性386件に対応
サイトが改ざん被害、情報流出は否定 - 秋田県立医療療育センター
「WooCommerce」向けフィルタプラグインに脆弱性
食肉通販サイトが不正アクセス被害 - 顧客情報を外部送信
実証実験サービスのサーバに攻撃、一部従業員情報が流出 - リクルート
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
CTFイベント「SECCON 13」、今秋に予選 - 決勝は2025年3月
民生委員が高齢者名簿を紛失、10カ月以上前に - 行田市