Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

静岡労金、本人確認書類顧客約640名分を紛失

静岡県労働金庫は、顧客約640名分の本人確認書類の紛失が、点検作業中に判明したと発表した。

所在が不明となっているのは、2001年4月1日から2003年1月5日の間に取り扱った「本人確認書」。3店舗で受け付けた約640名分の氏名、住所が記載されている。書類の保存場所を変更する際に行った点検作業中に紛失が判明。不正に持ち出された形跡がないとして、誤って廃棄した可能性が高いとしている。

同金庫では、問い合わせ窓口を設置して対応するとともに、再発防止に向けた管理体制の見直しを行うとしている。

(Security NEXT - 2006/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便
「ポケットカード」装うフィッシングに注意
クラウドに不正アクセス、取引先情報の流出を確認 - 三菱電機
公共施設予約システムへの不正ログイン試行で告訴 - 川崎市
教諭が入試応募者データを紛失、無断で設定変更して複製 - 東京都
「VMware SD-WAN Orchestrator」に複数脆弱性 - 修正版が公開
クラウドデータ消失の「ふくいナビ」、バックアップ判明し復旧へ
「Hibernate ORM」に「SQLインジェクション」の脆弱性
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
タイムカプセルのメッセージを紛失、誤廃棄の可能性 - 網走市