Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTPC、レンタルサーバにシマンテックのスパム対策エンジンを採用

NTTPCコミュニケーションズは、同社レンタルサーバー「WebARENA Suite2」にて「迷惑メールフィルタサービス」を11月7日より提供する。

同社が運営するレンタルサーバサービス利用者全員に対して追加料金なしでスパム対策フィルタを提供するもの。スパム対策エンジンには、「Symantec Brightmail AntiSpam」を採用した。

同社では、今回の選定にあたり複数ベンダーの迷惑メール判定エンジンにて検証を実施。同製品におけるスパムの判定率が高く、誤判定も少なかったという。

同社のメールホスティングサービス「Mail Luck!」、ISPサービス「InfoSphere」、「プライベートブランドサービス」では、すでに自動判定型の迷惑メールフィルタを提供しているが、今年度中をめどに「Symantec Brightmail AntiSpam」へ移行し、同社が提供しているメールアドレスに対してもスパムフィルタを提供していく考え。

(Security NEXT - 2006/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

同業者装いセキュ研究者に忍び寄るサイバー攻撃者 - 解析情報にワナも
新型コロナ患者の個人情報をファックスで誤送信 - 名古屋市
ウェブエンジニア向けにeラーニングサービス「KENRO」
スマホアプリ「ぐるなび」に脆弱性 - 任意サイトへの誘導に悪用されるおそれ
「Chrome 89.0.4389.128」で脆弱性2件を修正 - いずれもエクスプロイトの報告あり
カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器
「Adobe Bridge」や「Photoshop」など複数Adobe製品に深刻な脆弱性
MS、月例セキュリティ更新で脆弱性108件に対応 - 一部でゼロデイ攻撃も
NEC製ルータ「Atermシリーズ」の複数製品に脆弱性
登録セキスペ講習、民間など23講習を追加