Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

未知の攻撃に対応する「F-Secureインターネットセキュリティ2007」が登場

日本エフ・セキュアは、コンシューマー向け統合セキュリティソフトの最新版「F-Secureインターネットセキュリティ2007」を10月30日に発売する。価格は、パッケージ版が6720円、ダウンロード版が5775円。1ライセンスで3台のPCへインストールできる。

同製品では、新機能「F-Secure DeepGuard」を搭載し、定義ファイルによるセキュリティ対策だけでなく、システムの監視や不正なコードの追加の防御、ヒューリスティック、およびランタイム振舞ブロックといった技術により、未知の攻撃に対応する。

さらにスパイウェアの検索エンジンを追加することにより検出や駆除の機能を強化。また、HTTPプロトコルのスキャンが可能となり、画像ファイルなどを利用した攻撃などにも対応するほか、ペアレンタル・コントロール機能を搭載した。インタフェースは、イメージキャラクターである「ムーミン」と標準のいずれかから選ぶことができる。

(Security NEXT - 2006/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
2月のDDoS攻撃、前月比22件増 - IIJ観測
セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
「Aruba Instant」に複数の深刻な脆弱性
施設予約申込書に電話番号記載ミス、誤FAXで判明 - 名古屋市
「ClamAV」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を修正
共用利用オフィスのセキュリティ対策認証制度がスタート