Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

未知の攻撃に対応する「F-Secureインターネットセキュリティ2007」が登場

日本エフ・セキュアは、コンシューマー向け統合セキュリティソフトの最新版「F-Secureインターネットセキュリティ2007」を10月30日に発売する。価格は、パッケージ版が6720円、ダウンロード版が5775円。1ライセンスで3台のPCへインストールできる。

同製品では、新機能「F-Secure DeepGuard」を搭載し、定義ファイルによるセキュリティ対策だけでなく、システムの監視や不正なコードの追加の防御、ヒューリスティック、およびランタイム振舞ブロックといった技術により、未知の攻撃に対応する。

さらにスパイウェアの検索エンジンを追加することにより検出や駆除の機能を強化。また、HTTPプロトコルのスキャンが可能となり、画像ファイルなどを利用した攻撃などにも対応するほか、ペアレンタル・コントロール機能を搭載した。インタフェースは、イメージキャラクターである「ムーミン」と標準のいずれかから選ぶことができる。

(Security NEXT - 2006/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

未使用でも影響、7月修正の「IEゼロデイ脆弱性」 - 遅くとも5月に悪用
2Qはインシデントが約8.5%増 - フィッシングが増加
アカウント管理システムに侵害の痕跡、個人情報が流出 - 伊藤忠丸紅鉄鋼子会社
Dockerエンジンの認証プラグインに脆弱性 - CVSSは最高値だが悪用可能性は低
「BIND 9」にアップデート - DoS脆弱性4件を修正
Chromeのアップデートが公開 - セキュリティ関連で24件の修正
「MS Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
特権アクセス管理製品「Symantec PAM」に複数脆弱性 - 「クリティカル」も
JupyterLabの機能拡張作成用テンプレートに脆弱性 - リポジトリに影響