Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

八戸信金、17店で約2万件の顧客情報記載書類を紛失

八戸信用金庫17店において約2万1000件の顧客情報を含む書類がなくなっていることがわかった。

保管されている顧客情報記載の書類を一斉点検した際に判明したもので、紛失したと見られる書類は、出入金伝票が推定で約2万1000件ともっとも多く、融資関連申込書が59件、預金関連申込書が40件、当座印鑑票が30件となっている。記載されているおもな顧客情報は氏名、住所、口座番号、取引金額など。

紛失した時期については明らかになっていないが、同庫の内部調査によれば、誤って廃棄した可能性が高く、外部への情報流出の可能性は低いという。該当する顧客に対し報告と謝罪をするとともに、問い合わせ窓口を開設して対応するとしている。

(Security NEXT - 2006/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数の釣り具通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出か
「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
スキー場の滑走記録アプリに不正アクセス - ログや画像が消失
凸版印刷とNICT、「耐量子 - 公開鍵暗号」の技術確立で共同研究
2月のDDoS攻撃、前月比22件増 - IIJ観測
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
小学校で児童個人票など紛失、判明から約8カ月後に報告 - 川崎市
サーバに不正アクセス、情報流出など調査中 - ニチリョク
求人サービス「engage」に不正アクセス - 画像や動画が全消失