Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京電力、委託作業員が顧客情報入り携帯端末を置き忘れ

東京電力は、10月13日、東京支店大塚支社の委託作業員が、顧客情報を含む携帯端末を置き忘れ、紛失したことを明らかにした。

紛失したのは、電力メーター交換の際に利用する携帯端末。顧客79名分の氏名、住所、電話番号などが含まれていた。同端末にはデータ保護のセキュリティ措置が講じられており、第三者は情報を閲覧できないという。

同作業員は、作業現場へ向かうためにオートバイに乗る際、端末を隣に駐輪されていた自転車のかごに置いたが取り忘れ、そのまま作業現場へ向かってしまったという。

その後気が付いて周辺を捜索したが見つからなかったため、紛失届を提出。同社では該当する顧客に対し説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2006/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
最新脅威やコロナ時代のセキュ課題など50以上のセッション - パロアルトがカンファレンスイベント
ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス
「ドコモ口座」の一部利用者に対して本人確認実施 - NTTドコモ
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
就職相談予約した学生情報が閲覧可能に - 九大
新潟県で偽国勢調査員による「かたり調査」が発生