Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

入居者の個人情報約5000名分含むパソコンが盗難 - 有料老人ホーム事業者

メッセージは、10月10日に社員が車上荒らしに遭い、同社が運営する有料老人ホームの入居者約5000名分の個人情報を含むパソコンが盗まれたと発表した。

盗難パソコンには、老人ホームの入居者約5000名分の氏名、住所、年齢、性別、介護保険に関する情報などが記録されていた。同パソコンには、パスワードと指紋による認証が設定されているという。同社では該当する入居者やその家族に対し、個別に説明と謝罪をするとしている。

(Security NEXT - 2006/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性も - デンヨー
「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社
ランドブレインのランサム被害、総務省3事業でも個人情報流出の可能性
2月のDDoS攻撃、前月比22件増 - IIJ観測
セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼