Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コムスクエア、ネットワーク監視ツール「PATROLCLARICE」に「カスタムグラフ機能」を追加

コムスクエアは、「カスタム監視機能」などの新機能を追加した、サーバ、ネットワーク監視ツールの最新版「PATROLCLARICE Ver.2.7.0」を発売する。

同製品は、エージェントレス方式を採用したネットワーク機器監視ツール。プログラムをサーバ内へインストールする必要がなく、ウェブサイトの改ざんやログキーワード、サーバやネットワークへの高負荷なトラフィックといった異常や障害を監視し、管理者へ通知する。

最新版では、監視結果のグラフ表示や配置をユーザーが自由に設定できる「カスタムグラフ機能」を追加。また「カスタム監視機能」により、ルータやスイッチ内のコマンド実行結果が監視できるようになった。

そのほか、ルータやスイッチのリンクアップ状態を監視する「リンクアップ監視機能」や、グループ単位でスケジュールの詳細な設定を可能にする機能など、さまざまな新機能が追加された。

(Security NEXT - 2006/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

省庁や独法などの攻撃対象領域保護を実施 - NISC
冊子発送先の個人情報を郵便局へ誤送付 - CCNC
2Qの脆弱性届け出は112件 - 前四半期から半減
高校生向けセミナーの申込フォームで設定ミス - 岩手県立大
6月のフィッシング、URL件数が過去最多を更新
障害はWindows端末の1%未満、重要サービスでの利用多く影響拡大
「OpenVPN」に「OVPNX脆弱性」 - 3月の更新で修正済み
CrowdStrikeによる障害、約850万台に影響 - あらたな復旧方法も準備中
「CrowdStrike」装う「フィッシング」や「偽修復ツール」に警戒を
先週注目された記事(2024年7月14日〜2024年7月20日)