Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルスバスター2007、電子署名付メール受信時に一部不具合

トレンドマイクロは、「ウイルスバスター2007」において、電子署名付メールの受信時に「メールが改ざんされました」との誤表示が行われるとして回避法を公開した。

同現象は、「ウイルスバスター2007 トレンド フレックス セキュリティ」の「迷惑メール対策ツールバー」が有効で、かつMicrosoft Outlook Express6以上を利用の環境において電子署名付メールを受信した場合に発生する。現在、三井住友銀行から送信されるメールにおいて同現象が確認されているという。

原因は、メールヘッダーに挿入した判定フラグを、Outlook Expressがメッセージの改ざんとして判定するため。同社では、「迷惑メール対策ツールバー」用セキュリティパッチを適用することで回避できるとして、実行するよう求めている。

(Security NEXT - 2006/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スキー場の滑走記録アプリに不正アクセス - ログや画像が消失
凸版印刷とNICT、「耐量子 - 公開鍵暗号」の技術確立で共同研究
2月のDDoS攻撃、前月比22件増 - IIJ観測
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
小学校で児童個人票など紛失、判明から約8カ月後に報告 - 川崎市
サーバに不正アクセス、情報流出など調査中 - ニチリョク
求人サービス「engage」に不正アクセス - 画像や動画が全消失
宅配クリーニングに不正アクセス - 意図しない外部公開も
約5.3億件のFacebookユーザー情報が流通、日本は約42万件 - 人口上回る国も