Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルスバスター2007、電子署名付メール受信時に一部不具合

トレンドマイクロは、「ウイルスバスター2007」において、電子署名付メールの受信時に「メールが改ざんされました」との誤表示が行われるとして回避法を公開した。

同現象は、「ウイルスバスター2007 トレンド フレックス セキュリティ」の「迷惑メール対策ツールバー」が有効で、かつMicrosoft Outlook Express6以上を利用の環境において電子署名付メールを受信した場合に発生する。現在、三井住友銀行から送信されるメールにおいて同現象が確認されているという。

原因は、メールヘッダーに挿入した判定フラグを、Outlook Expressがメッセージの改ざんとして判定するため。同社では、「迷惑メール対策ツールバー」用セキュリティパッチを適用することで回避できるとして、実行するよう求めている。

(Security NEXT - 2006/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
ECサイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - キャンディル子会社
政府、「次期サイバーセキュリティ戦略」のパブコメ実施
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
「情報セキュリティ白書2020」が発刊 - 無料のPDF版も用意
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開