Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

暗号化と分割でデータを保護するツール - イーズ・コミュニケーションズ

イーズ・コミュニケーションズは、パスワード、暗号化、分割により、データの漏洩を防ぐツール「影郎/セキュアポケットPC」を発売した。

同製品は、保護したいファイルを暗号化したうえで2分割して保存することで、データの漏洩を防ぐツール。一方の切片だけではデータが再現できず、情報は読み出せないうえ、両方が揃っても専用画面上でなければ内容もファイル名も表示されないという。

暗号化の作業は、保護したいファイルを専用画面にドラッグ&ドロップするか、登録ボタンにより選択することで自動的に暗号化と分割が実行される。

価格は、1ライセンス1万290円。10ライセンス以上購入の場合、ボリュームライセンスがある。なお、10月31日まで発売記念キャンペーンとして、5145円の特別価格で提供される。

(Security NEXT - 2006/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

3割がセキュ投資増額、56.3%で被害経験 - IDC調査
履歴書など会員の個人情報が流出、詳細は調査中 - 副業支援サイト
登録セキスペ講習、民間など23講習を追加
「Okta Access Gateway」にコマンドインジェクションの脆弱性
サイバー攻撃可視化プラットフォーム「NIRVANA改」がIPv6対応
カステラ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
AOSデータ、ドローンのフォレンジックサービスを開始
小学校で児童個票が所在不明に - 名古屋市
経産省の中小企業支援サイトで個人情報が閲覧可能に
違反取締計画が流出、複数SNSに投稿 - NEXCO西日本